今日の考え事

今日も思考。明日は葛藤。

考えるということは、自分について考える、ということで、
だいたい説明ができるようになったら、
考えることもなくなるんじゃないか。

考えたことを表して、
承認を求めることも、しなくなるんじゃないか。
個人の小ささを思うと、
誰に承認されたいわけでもないしなぁ。

考えたことを表したい、と思うことは、
若さなのか。
それとも、
まだ、考える世界において、途中だからなのか。

自分について、だいたい説明ができるようになったとして、
その先もあるのかなぁ。

考えることにこだわった生き方をしている人は、
最終的には、みんな同じような心境になるような気がするなぁ。
同じところに行き着くんじゃないかなぁ。

それしかない、っていうか、
結局、そうなってしまう、っていうか。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-280メートル



このページのトップへ
もっと頭が狂っていればいいのに、
と思うことがよくある。

私はあまりに現実的過ぎではないか。
世間の常識に、沿い過ぎではないか。
トゥーマッチだ。

トゥーマッチである、という点においてのみ、
狂っている、と言えそうだけれど。

頭が狂っている人とうまくやっていけるのは、
同じように狂っている人か、もしくは、
その狂いを受け入れることができる人だ。
そういう狂い、あるよね~、とか、面白いね~、って。

狂いを受け入れることは、
とても大変な作業で、
私は頭が狂っていないから、
大変な作業をし続けなければならない。
あるよね~、面白いね~、って言える地点に到達するには、
いくつもの悟りを開かなければならない。
自分とは明らかに異なるものから、その価値を、
見出さなければならない。


頭が狂っている人々は、
自由で、楽しそうに見えるんだよ。
マジでやばい人のことは、除外するとして、
みんな、上手に、
ちょうどいい感じに、狂っているように見えるんだ。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-295メートル



このページのトップへ
Facebookや、Twitter などが、爆発的に流行したのは、
みんな、承認欲求を満たしたいからだろう。
自分が充実しているということを、他者に知らせて、
自分の価値を確認している。
でも、実際のところ、
そんなことをしなければならない状態、もしくは、せずにはいられない状態は、
不幸だと言える。
みんながみんな、当てはまるわけではないとは思うけど。
あまり深く考えずに、利用している人の方が多いのだろうけど。


私がブログを書く理由も、きっとたいして変わらない。
誰も読んでくれないのなら、私は書かない。
日記ではなく、わざわざ公開しているのだから、
他者からの承認を求めている、ということになるのだと思う。


私が書かないときは、今のところ、
書く時間がないとき、より、書く元気がないとき、のほうが多い。
落ち込んでいたら、白紙のこの画面を埋めようなんて気力は沸かない。

つまり、承認欲求がある状態というのは、
最悪な事態ではないときであって、
それはきっと、Facebook の人々もそうなんだと思う。

とりあえず、身の安全が確保できていて、
ご飯も食べれていて、睡眠も取れていて、
大きなダメージも受けていない、という状態になって初めて、
承認欲求は生まれるのだ。
だから、承認欲求がある人は、
「最悪ではないが、そこそこの不幸を背負っている」
ということになると思う。


でも、「承認欲求が満たされれば、幸せである」
ということではないように思う。
先日、実際に幸せな人を見て私が感じたのは、
幸せな人は、承認欲求自体がないのだな、ということだ。
そんなところにはいない、という感じ。
これはレベルが違うな、と思った。
なんかこう、動じない、っていうか、
他者のことは気にならない、というか。


カッコイイよ。
幸せな人はカッコイイ。
私も、そこに行きたい。
そしたら、ブログを書く必要もなくなるんだろう。
私がブログを辞めるときは、
最悪な状態か、幸せ、のどちらかってことになるんだろう。



<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-335メートル



このページのトップへ
悪夢ばかりを見ている。
ここ4ヶ月、毎日欠かさず。
悪夢しか見ない。

土曜日はたくさん寝たのだけど、悪夢3本立てだった。
早朝にハッと目覚め、あぁ、夢か、
なんてひどい夢を見るんだ、ともう一度眠る。
今度はちがう人が現れて、ハッと目覚め、涙が出る。
起きる気力もなく、もう一度眠る。
そしてまた繰り返す。
3本連続ともなると笑えてきて、
ようやくベッドから出る。
起きたばかりだというのにぐったりして、
休日を充実させることができない。


悪夢の原因は、ストレス過多、ということらしい。
そうだろうなぁ。おつかれさま、私。
これ、いつまで続くのかなぁ。

ストレスを、ストレスと感じないように自分を持っていけばいいのだけど、
それも、うまくいかなくて。

でもまさか、1年も2年も続かないよね。
現実の状況が、よい方向に行けば、
悪夢も見なくなるらしいのだけど。

でも、不安なんだ。
また、悲しい思い、恐ろしい思いをするんじゃないだろうか、って。
最近は少しずつ、よい方向に向かっているような気がしているけど、
そう遠くない未来にまた、
強いストレスを感じるようなことが、起こるんじゃないだろうか、って。

阻止したいけど、
今の私には、その方法がわからない。
幸せを手に入れようとする行為は、
未来への不安とイコールで、
身動きがとれない。
できることといえば、自分であり続けることぐらいで。

ポケモンGOの人々は、
ポケモンGOをしていることが幸せなのか、
幸せだから、ポケモンGOをしていられるのか。


夏なのになぁ。
夏は、楽しい季節じゃなきゃいけないのに。

花火観たいなぁ。
海にも行きたい。
旅行にも行きたいなぁ。
海外とか、もう何年も行ってないなぁ。

楽しいことは、あるはずなのに、
何も叶わないまま、また秋が来てしまう気がするよ。
っていうか、
これまでに、楽しかった夏なんて、あっただろうか。

思い出せない。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-365メートル


このページのトップへ
いやだ、とか、
ちがう、などと思うようなコトが起こったときに、
静観していられるようになりたい。

自分の考えを、
主張しないとか、できないわけではない。
面倒なわけでもない。
主張すべき事柄についてのみ、主張すべき相手に対してのみ、主張する。
つまり、滅多にないのだ。主張する機会なんてものは。

疲れてしまうから主張しない、という選択の仕方ではなくて、
そういうのを、サラッとやってのけることができる位置に行きたいのさ。



<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-370メートル


このページのトップへ
写真付きのマイナンバーカードをゲット。
もう、国系でゲットすべきものはないはずだ。
有効期限、10年間なんだって。知ってた?
顔変わるからだろね。


幸せとは、
愛する人がいること。
ではないかな。
恋愛でも。家族愛でも。
誰かを愛していれば、幸せを感じられる。

そして、その愛する人が、
こっちを向いていれば、完全体だ。


言葉が通じて、ちゃんとこっちを向く人。
こっちを向く、勇気がある人。

こっちを向くには、
勇気がいるみたいだから。


でも、そんなの飛び越えるんだよね、
愛があれば。


ないから、自分しか見えないんだよね。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル

■友人のお見舞いに行って、喜ばれる ・・・・ 10メートル


-540メートル



このページのトップへ
困ったときは、ニーチェに限る。

             プラトニックまいまい


コトが起きたら、とりあえずニーチェだ。
やっぱ、ニーチェはいいねぇ。
私にとって正しいし、
なんてったって、静かだし。


でも、厳密に言えば、
いや、厳密に言うまでもなく、
ニーチェほどの哲学者が言っていることなんて、
知識のない私に理解できるはずがないわけで、
ニーチェを、無理くり、わかりやすく翻訳してくれた、
白取晴彦さんの解釈が、私は好きなんだ。


でもなぁ。
「やっぱ、白取さんの翻訳はいいねぇ。」
ってのもなぁ。
いいんだけれども。


実際、ニーチェの言い分と、白取さんのやさしい翻訳は、
どのくらい離れてるんだろね。


知らなくていいか。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル

■みんなありがとう ・・・・ 50メートル


-575メートル



このページのトップへ

FC2Ad

Information

プラトニックまいまい
  • Author: プラトニックまいまい
  • 海底-5000メートルから、地上を目指して。




    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

コメント

カテゴリ

☆メッセージはこちらへ☆

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ

トラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する