今日の考え事

今日も思考。明日は葛藤。

先月発表しました、左手親指のウオノメ的なものですが、
その後、闘いはかれこれ2ヶ月間続いたのです。

前回の記事 
コロリ

ウオノメコロリ的なもの、結構高いんだ。
闘い続けたけど、一向に治る気配がなく、私も闘い疲れたっていうか、
この地味な痛みから早く解放されたいと思って、ついに皮膚科に行ってきたよ!!!

まい「こんにちは。」
お医者「どうされましたか。」
まい「これです。」
お医者「あぁ、これね。これはイボですね。」

お医者は、ちょうど 「緒方拳」 みたいな、白髪混じりの渋い人。
このイボについて説明し始めた。

「これはですね、キズからイボの菌が入って、こうなるんです。強いイボだから早くやっつけなくちゃいけないね。お子様はいますか?感染力は弱いんですが、子供に移りやすいです。手をつないだりなんかするとね。これを取るには、まず、冷やして皮膚を凍傷させます。冷たいというよりは痛いです。そのあと、暖めて溶かす。また凍らせる。溶かす。と繰り返します。痛いですが、麻酔は使わないでやります。針からまた移っちゃうことがあるので。黒い血豆のようになって、それが取れればおしまいです。1ヶ月ぐらいかかります。」

わかりやすい。無駄がない。
淡々と、落ち着いた口調で、拳、カッコイイなぁ。

じゃあやりますか、といことになって、私は変な台の上に手を差し出す。
拳は、おばちゃん助手に何か言って、用意を始めた。
20センチぐらいの針金みたいなものの先に、わた菓子みたいな、
ガーゼみたいな白いフワフワしたものがくっついている器具を取り出して、
私のイボに押し付けた。




ジュ~~~ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

ジリジリジリジリジリジリジリジリジリジリジリジリ



おばちゃん助手に目をやると、頑張れ視線を送ってくれる。

次に拳は、10センチぐらいの変な金のぶんちんみたいなものを、おばちゃん助手から受け取る。
ぶんちんはそうとう熱いようで、おばちゃん助手も拳も、ぶんちん本体に触れないように注意を払っている。
それを私のイボに、


ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり



ジュウとぐりぐりを繰り返す、拳。

まい「先生、これは・・・・痛いですね!!」
拳「そうなんです。痛いんです。ハハ。もうちょっとで終わりますから。」



で、こんなんなりました~♪これからもっと黒くなることでしょう。
180nnnnnnnnnuonome_002_convert_20080521153447.jpg


これで私の長い闘いは終わった。
何か体に異変があった場合は、すぐに医者に行くべきだ。

ありがとう、拳。
ken.jpg

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

プラトニックまいまい

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

コメント

カテゴリ

☆メッセージはこちらへ☆

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ

トラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する