今日の考え事

今日も思考。明日は葛藤。

温泉につかるサルの映像を、
よくテレビで観るんだけど、
あのサルたちは、あったまった後、どうしてるのかな。

周り雪降ってるし、上がったらぜったい寒いよね。
バスタオルないし。
ぬれた状態で、雪の山に戻るの?あんなハダカで??
いやいや、ぜったい寒いよ。むりむり。

温泉に入ったり出たりを、延々繰り返すのかな。
でも、ごはん食べなきゃだし。
寝るときは、おうちに帰るだろうし。
あ、でも温泉入りながら寝てるか。

ん~。どうしてるんだろう。




<現在の海底ポイント>

■ブログを更新する ・・・・ 5メートル


-720メートル





このページのトップへ

コメント

汗腺が人より少ないんだって
だから湯冷めしないんだって
テレビでいってた。・・・
けど
寒いとおもうよ、あたしも。

  • 2016/01/17(日) 07:20:06 |
  • URL |
  • 少年ナイフふぁん #i1/ltEtU
  • [編集]

冬に温泉につかってるサル。
私も長年、不思議に思っていました。
バスタオルもないし、ドライヤーもないし。
たぶん湯に入りっぱなしで、
小さな用も湯の中でするのだろう。
しかし大きな用はどうするのか?
などと思っていました。
いい機会なので検索しました。

長野県の志賀高原に生息する野生のサルは、最低気温がマイナス10度以下になる中、温泉に入る。「地獄谷野猿公苑」の職員・宮田佳代さんによると「湯上がり後に毛先が凍ることがあっても、体調を崩す様子はない」そうです。

サルの生態に詳しい京都大准教授・半谷吾郎氏によると、秘密は体が毛に覆われていることにある。「多くの毛に覆われていれば、皮膚が冷たい外気に触れにくく、体にためた熱が逃げにくい」。サルの毛は、体をブルブルと震わせれば多くの水分をはじき飛ばすので、湯上がりも平気なのだそうです。

もう一つは汗。サルは、人間に比べると汗をかく量が少ないため、汗によって熱が奪われない。ニホンザルが汗をかくかどうか実験で調べた元・名古屋市立大臨床教授・奥田宣明氏によると、室温45度の部屋に入れても、短期間ならほとんど汗をかかなかったそうです。

温泉に入るのが嫌いなサルもいる。温泉に入るのが好きなサルでも、エサを食べることと仲間とのコミュニケーションの方が大切、だそうですよ。おお。

おかげさまで勉強になりました。
-720メートルは寒いでしょう。湯に入りましょう。

  • 2016/01/17(日) 11:12:32 |
  • URL |
  • ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  • [編集]

事実はない、解釈だけがある。
―― ニーチェ

湯冷めしない者に、湯冷めはない。
問うな、湯につかれ!
―― うっきぃ、うっきぃ♪

  • 2016/01/17(日) 21:47:14 |
  • URL |
  • 青梗菜 #-
  • [編集]

>少年ナイフふぁんさん☆

サルの湯冷め問題
テレビでやるくらいですから、
みんな、つまらぬことをわりと気にしていたんだな、
ということがわかってよかったです!

  • 2016/01/18(月) 19:13:14 |
  • URL |
  • プラトニックまいまい #-
  • [編集]

>☆バーソ☆さん☆

宮田佳代さん、気になって見守ってたのね!
サル思いですね、宮田佳代さんは。
一方、奥田宣明氏は、実験したのね。
なんだか怖いわ。奥田宣明氏。(あ、仕事か)
ほんと、すっかり勉強になりました。
よくわかりました。

-720メートルは寒いよ~。
でも、どっちが上なのかはわかるようになりました。-5000メートルのときに比べたら。
でも、寒いです!!

  • 2016/01/18(月) 19:35:46 |
  • URL |
  • プラトニックまいまい #-
  • [編集]

>青梗菜さん☆

ニーチェ関係ないから!!

  • 2016/01/18(月) 19:38:12 |
  • URL |
  • プラトニックまいまい #-
  • [編集]

知りたいわけじゃないけど、気になっちゃう事あるね。おいらは気になっちゃうと、結構気にし過ぎな傾向があるけど。例えば、
寒気が急に訪れて、鳥肌が立っちゃうような場面。
実際に冷温を体感しているのではないのに、
気になるだけで、現実的に体感的に鳥肌が立っちゃう。
お猿様が気持ちよさそうに温泉につかりながら、
そのまま浸かっていればやがて自分に深刻な異常が訪れることを知っており、
ぎりぎりで極寒の地へ帰らねばならないことを知っており、
極寒の世界があたりまえであって、
それは、多分浸かったまま死んだ仲間が過去にいたのではないかな。
つまり、その地域の、浸かりすぎなかった仲間の生き残りが、温泉のお猿様だ。
灼熱はおいらたちみたいなものは完全に焼き殺しただろうけど、
おいらは恐らく全球凍結以降の、生き残りだ。
ラッコも、ペンギンも、クジラも、アザラシも、白熊も、
不思議と楽しそうに生きている。
少なくとも、寒そうには見えないなぁ。
てふてふがだったんかいきょうをわたるのも、
おいらには判らない理由があるのかもなぁ。

  • 2016/01/20(水) 21:38:27 |
  • URL |
  • 海底まきがい #-
  • [編集]

>海底まきがいさん☆

浸かったまま死んだ仲間!!
穏やかじゃない歴史が、そこにはありますね。
>ラッコも、ペンギンも、クジラも、アザラシも、白熊も
みんな不思議とかわいいですね。
クジラはかわいくないか。
クジラの絵はかわいい。

鳥肌が立っちゃうような場面。
言われてみれば確かに不思議!
でも、知りたいわけじゃないw

  • 2016/01/21(木) 00:19:57 |
  • URL |
  • プラトニックまいまい #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

プラトニックまいまい

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

コメント

カテゴリ

☆メッセージはこちらへ☆

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ

トラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する